So-net無料ブログ作成

   驢 馬

  雑踏の中で驢馬はうろたえている

  哀れなほどに ピンと立った耳を

  ピクピク震わせながら

  背中の大きな荷物が

  肩にくい込んで

  痛いのも しばし忘れて

  大きく澄んだ瞳を見開き

  悲しみの上におびえの色を重ね 立っている

  忠実で優しい驢馬は

  早く主人が来るのを待って

  雑踏の中に立っている

-- ’77 「樹脂」 Chapter 若い幹 --


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。